うさぎグッズ

おすすめの「うさぎのケージ」を小学生の女の子がひとりで組み立ててみた

我が家のうさぎのケージは「SANKO イージーホーム・エボ60」という商品です。

以前、お預かりしたうさぎさんが使用していたのがこれだったのですが

「このケージ、よくできてるなぁ。」と感心しました。

うさぎのケージの選びかた

うさぎのケージを選ぶときに考慮しなければならないのは

うさぎ目線:居心地の良い空間であるか。

飼い主目線:日常の使い勝手にストレスがないか。

の2つの点です。

うさぎ目線

  • 日常を過ごすのに快適な空間
  • うさぎの行動を配慮した安全性

飼い主目線

  • 毎日のお手入れが簡単
  • うさぎとのコミュニケーションがとりやすい

 

ネザーランドドワーフを飼育するケージとして「SANKO イージーホーム・エボ60」は上記の点をよく考えられています。

 

日常を過ごすのに快適な空間

 

うさぎは適度に狭いところを好む習性があります。その観点からみると

食器やトイレなどを設置して、うさぎが落ち着けるスペースができています。

ネザーランドドワーフにとって、ちょうどよい空間が確保されています。

 

うさぎの行動を配慮した安全性

 

うさぎが元気に動いても、なるべく足に負担のかからないような

「樹脂休足フロアー」というすのこが選べます。

また状況によって「ワイヤーメッシュスノコ」「木製スノコ」に交換できます。

 

毎日のお手入れが簡単

 

ケージ内の排せつ物やチモシーくずなどは、ほとんど下のトレイに落ちていきます。

そしてそのトレイは引き出し構造になっているので、お手入れが簡単です。

我が家ではケージのお手入れに15分程度しかかかりません。

 

うさぎとのコミュニケーションがとりやすい

 

天面と正面の2か所が開閉するため、用途やうさぎの状況で使い分けることができます。

(うさぎの出し入れ、ペレット皿の出し入れ、写真撮影などで使い分けてます。)

とくに正面扉の「スライドロック」や「取り外しやすさ」は秀逸です。

 

ケージの組み立ての実際

我が家ではこのケージを小学5年生の女の子がひとりで組み立てました。

段ボールを開封するところからひとりで頑張りました。中身を空けてみると

こんな感じです。(段ボールから取り出すのに悪戦苦闘!)

説明書をみながらゆっくり組み立てていきました。

組み立てるのはそんなに難しくなく、30分程度で完成しました。

以上、我が家で使用しているケージ「SANKO イージーホーム・エボ60」のご紹介でした。