うさぎグッズ

うさぎの給水ボトルは2つまとめて買いましょう

我が家のうさぎさんは給水ボトルでお水を飲んでいます。

給水ボトルはいろんなメーカーから販売されていて形や大きさなどいろいろあります。

我が家では「SANKO アクアチャージャー」を購入しました。

ネザーランドドワーフは大人になってもそう大きくならないので容量は小さめで大丈夫だと考え、300mlのものを用意しました。

 

 

ちなみにこの商品には500mlもあります。

 

給水ボトルの利点

 

うさぎさんはお皿からお水を飲めないわけではありませんが、給水ボトルを使ったほうがとっても便利で快適です。

水がこぼれない

うさぎさんは食器をひっくり返して遊んじゃうことがあります。

するとケージの中が汚れたり、うさぎさん自体が濡れちゃったりしてしまいます。

うさぎさんの体調に影響するかもしれません。

飲み水を清潔に保てる

給水ボトルは密閉されていて飲みたい分だけ出てきます。

逆流しないので給水ボトル内の水はきれいな状態でキープされます。

飲んだ量がわかる

給水ボトルの水を補充するときは「満水にする」ようになっています。

なので給水ボトル内の水の量を見ればどれだけ飲んだか大体わかります。

水分摂取がうまくいっているかどうかを確認することは、健康チェックのひとつとしてとっても重要です。

お手入れがラク

給水ボトルは丸洗いができるためお手入れはとっても楽です。

1日1回お水を交換するときに洗ってあげればOKです。

 

給水ボトルを使うときの注意点

 

いろいろメリットの多い給水ボトルですが気をつけなければいけない点もあります。

正しく水を補給する

給水ボトルは正しく扱わないと水漏れしたり水が出なくなったりします。

取り扱い説明書をしっかり読み、正しいやり方で水を補充しましょう。

ちなみにうちでは「水を補充するときは満水にする」という注意点を見落としていて、「水がぽたぽたとおちてしまう」という失敗をしてしまいました。

最初は「この給水ボトル、不良品かな?」と思っていたのですが、取り扱い説明書をもう1回見直し正しく水を補充(満水)したところ、ばっちりでした。

設置位置を調整する

うさぎさんが給水ボトルをつかってお水を飲むとき、飲みやすい環境を整えてあげなければいけません。

ケージに取り付けることになりますが、ケージ内のどの場所に取り付ければ飲みやすいのか、取り付ける高さはどれくらいが良いのか、うさぎさんの様子を見て調整する必要があります。

特に取り付ける高さは、うさぎさんの成長に伴ってちょこちょこ変えてあげましょう。

水が出ているか確認

給水ボトルはとっても便利な道具ですが「完璧」ではありません。

メンテナンスは必要です。

目詰まりを起こして水が出なかったり、経年劣化で水漏れしたりもあります。

急に不具合が発生するかもしれません。

毎日の水の交換のときにしっかりチェックしてあげましょう。

 

「SANKO アクアチャージャー」を使ってみて

「SANKO アクアチャージャー」を実際使っていますが、うさぎさんはちゃんと水を飲めています。

またケージへの着脱も工夫されていて使い勝手はグッドです。

うさぎさんが使い慣れた給水ボトルが、突然使えなくなったらと思うと心配になります。

いざという時に備えて、もうひとつ持っておくのもいいかもしれませんね。