うさぎグッズ

うさぎの栄養食「ペレット」は「与える量」がポイント

我が家のうさぎさんはペレットが大好きです。

1日2回(朝・夕)時間を決めて与えていますが、ペレットの準備を始めるだけで大騒ぎです。

一心不乱に食べている姿もとてもかわいいです。

 

ペットショップで与えられていたペレットを継続

我が家のうさぎさんが食べているのは

「イースター バニーセレクション グロース」という商品です。

うさぎさんをお迎えするする時、ペットショップの店員さんに

「ペレットは当店で与えているものを使って下さい。他のペレットだと食べなくなるかもしれません。」

と言われました。

たまたま準備していたペレットがペットショップで使用していたペレットと同じものだったので、最初から問題なく食べてくれました。

 

ペレットの与える量はいろんな考え方がある

ペレットの与える量に関していろんな情報があります。

特に仔うさぎの時期は

  • ペレットもチモシーも食べ放題
  • 体重の3%の量を1日2回で分けて与える

という2つの方法が一般的なようです。

我が家では健康管理を考えて「体重の3%の量を1日2回で分けて与える」というやり方を選択しました。

実際、うさぎさんは(足りないんだけど・・・。)みたいな感じでしたが、適正な体重を維持して元気に育って欲しかったので我慢してもらいました。

ところが・・・。

 

ペレットの適切な量は体重の4%

うさぎさんをお迎えしてから1週間目、健康チェックとつめ切りのために動物病院を受診しました。

その時に体重を量ってもらったところ

「月齢に対して体重が少ないですね。」

と指摘されました。

「今体重が300ℊぐらいですけど本当なら400ℊあっていい時期です。ペレットは体重が400ℊあるとしてあげてください。」

とアドバイスしていただきました。

(そうかぁ、やせちゃってるのかぁ、そうかぁ)

と思いながら、なにげに「イースター バニーセレクション グロース」の袋の説明部分を読んでいると

■給与方法

●1日にウサギの体重1㎏当たり40ℊ程度を基本量に、朝夕2回に分けて体調に応じて加減してください。

との記載が・・・。

完全に見落としていました。

うさぎさん、ごめんね。足りなかったね。

 

その後、体重400ℊを最低ラインとして体重の4%を1日2回に分けて与えていきました。

7か月ぐらいまではこのペレットを継続しようと考えています。